IRになるための資格を取る様々な方法について

IRとは、インストラクターのことです。エアロビクスでは略してイントラと呼ぶこともあります。エアロビクスのインストラクターは人気のある職業ですが、資格を取得しなければなれません。資格を取る方法はいくつかあります。

まず、1つのジムやフィットネスクラブの専属のインストラクターになるには、そのジムやフィットネスクラブが経営する養成所に入り、必要な技術や知識を学んで資格を取得します。この場合には専属のインストラクターですので、そのままそのジムやフィットネスクラブで働けて就職には有利です。

広く様々なジムでインストラクターをやりたい場合は、エアロビクス関連の団体である日本フィットネス協会やAFAAジャパンなどの養成所で学んで資格を取得すると、どこのジム・フィットネスクラブでもインストラクターを務めることができます。

最近では海外のエアロビクス関連の団体で資格を取る人も増えていて、海外で活躍する人たちも多いようです。
しかし、フィットネスクラブやジムの専属でない場合は、資格を取得してもジムやフィットネスクラブのオーディションを受けて合格する必要があります。

最近では健康作りのために自治体が体操教室などでエアロビクスを行っているところが増えていますので、そのような所に勤務する人も増えています。地方ではインストラクターが不足しているので、日本全国のあちらこちらに出張してエアロビクスを指導している人も多いようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ