Aステップの足の運び方とポイントや効果について

Aステップは、ローインパクト系のステップで、Vステップの逆バージョンです。やり方は、片足を後ろに足を大きく踏み出し、次に逆の足も同じように大きく踏み出します。そして、最初に踏み出した足から元に戻して、きちんと揃えます。後ろに踏み出した足は思い切って大きく広げるようにして、着地させるのと同時に膝を曲げて重心を下に落とします。

この時に膝は内側を向けず、外側に向けてかかとまでしっかりと着地させるようにすることがポイントになります。

上体は少し前傾姿勢を取るようにすると、バランスが取りやすくなります。しかし、上体が斜めになると頭も下に下がりがちになって、視線も下に向いてしまいますので、頭は常に正面を向くようにして視線も上がるように気をつけてください。

また、前傾姿勢を取っても背中は曲がらないようにすることが大切です。腹筋と背筋にしっかりと力を入れて、上体はまっすぐに保つようにします。腕の振りはインストラクターによっては振り付けを行う場合がありますが、特に振り付けがない場合は、大きく前後に振るようにしましょう。

Aステップは簡単なステップで、飛んだり跳ねたりしないので、足にはあまり負担はかかりませんが、かなりの運動量があります。しっかりと足を広げて重心を落とすことで、さらに運動量を上げることができ、足の筋肉の強化にもなります。両足を大きく広げるので、ストレッチ効果も期待でき、血行を良くすることもできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ