ワンエイトの意味とエアロビクスの構成について

エアロビクスのエクササイズには音楽が不可欠です。音楽は32カウントごとに構成されています。インストラクターはカウントに合わせてコリオグラフィーを構成させていきます。32カウントはさらに8カウントごとに構成されていて、その一番始めの8カウントをワンエイトといいます。そして、他の8カウントをツー・スリー・フォーエイトと呼びます。

エアロビクスのコリオグラフィーは、ワンエイトに必ず先頭が来るように構成されなければならないので、リードするインストラクターは、音楽を聴いただけでカウント数が分かるようにしておかなければなりません。

初心者用の基本的なコリオグラフィーの場合は間違えるはずもありませんが、中級者・上級者用の構成では、8カウントにこだわらずにステップが構成されているクロスフレージングが行われていることもありますので、音楽を聴くだけでカウント数が分かるようにしておき、クロスフレージングが終わったら、自然に通常のコリオグラフィーに戻れるように、インストラクターは参加者をリードしていかなければならないのです。

ですから、エアロビクスのコリオグラフィーを組み立てる時は、音楽から選ぶというインストラクターがほとんどです。最近ではエアロビクス用に構成されている音楽が豊富に販売されているので、それらの音楽が使われることが多くなってきました。あらかじめエアロビクス用に作られているので、コリオグラフィーが構成しやすいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ