ランニングマンのステップをよりきれいに行うためのポイント

ランニングマンはハイインパクト系のステップで、名前の通りランニングするような動作をします。といっても本当にランニングするのではなく、その場に留まりながら足をスライドさせて走る真似をするだけです。

その方法は、このステップに入る前のステップは、大抵ニーアップで終わっていることが多いので、1カウント目でニーアップの状態から足を踏み下ろし、2カウント目でその足を軸足にしてジャンプしながら、片方の足をニーアップします。そして軸足を後ろにスライドさせ、そのまま再びニーアップし、同じようにステップしていきます。

上体は前に少し傾けて、腕は前後に自然に振ってください。ニーアップした足は、胸に引き寄せるように高く上げ、下に降ろした時は膝を完全に伸ばさずに、重心を支えるようにします。

軸は常に頭頂からの真っすぐの線なので、両足で交互に重心を支えることになります。ですから、ニーアップから着地させる足は、体の真下に着地させ、きちんとかかとを床につけるようにして、しっかり重心を支えるようにしてください。

あと、膝を高く上げるので背中がどうしても曲がってしまいますが、背中はできるだけ真っすぐに維持するようにしましょう。このステップはまるで走っているような格好をしますが、なかなか形にならないという人が多いようです。

前述の通り、背中が丸まってしまうことと、そして軸足のスライドが上手くいかないことが原因になっているようです。靴を履いているとなかなか上手く床を滑らせることは難しいですが、片方の足に重心をかけて、スライドさせる足を少し浮き上がらせて、つま先を使って後ろに引きずるようにするとやりやすいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ