養成の意味とインストラクターになるためには

養成とは、エアロビクスのインストラクターになるための資格を取得するスクールのことです。エアロビクスが上手にできるだけではインストラクターになることはできません。

インストラクターとして活躍するには、エアロビクスの基礎知識をはじめ、コリオグラフィーを構成する方法、基本動作などインストラクターとして必要な知識、他にも専門的なフィットネスについての知識、スポーツ学、機能解剖学、運動栄養学などの知識が必要です。そのために養成所やスクールがあります。

養成所にはフィットネスクラブが開講しているものや、専門学校などがありますが、体育会系やスポーツ科の大学や短期大学でも学ぶことができます。そのような学校で必要な知識を学び、そして資格認定試験を受け、合格するとインストラクターとしてエアロビクスを指導できるようになります。

資格認定試験は日本フィットネス協会が行っていて、18歳以上の人なら誰でも受けることができます。試験は2日間行われ、実技と学科試験に分かれています。
資格を取得すると、全国のフィットネスクラブや自治体が運営しているスポーツセンターなどで働くことができます。

他にも、フィットネスクラブによっては、そこの養成コースを卒業し、オーディションに合格すれば、そのフィットネスクラブ専門のインストラクターになれるシステムになっているものもあります。どの方法にしても学ぶにはお金がかかります。どの方法が自分に合っているのかよく選んで決めてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ