マンボターンのやり方とタイミングの合わせ方

マンボターンはローインパクト系のステップで、マンボの応用版です。エアロビクスのコリオグラフィーにはよく登場しますので、きちんとマスターするようにしてください。ステップの踏み方は、右足から踏み出した場合、1カウント目で1歩前に踏み出し、右足を軸足としてくるりと後ろに方向を変え、2カウント目で左足をその場で踏み直します。

そして3カウント目で今度は左足を軸足として右足を前に踏み出し、4カウント目で右足を軸足として体の方向を前に変え、左足をその場で踏み直します。つまり、左足をその場から動かさずに、右足を踏み出して方向転換をするわけです。

足を踏み出す時は、しっかりかかとを床につけ、体の方向を変える時はつま先を使ってください。このステップは他のステップと組み合わせて使われますが、タイミングがなかなか合わせられない人が多いようです。

そのような人は、左足をその場で踏み直すという過程を抜かしてしまっている場合が多いので、タイミングが合わない人はゆっくりとカウントを数えながらやってみると良いでしょう。他にもこのステップの方法として、マンボをしながら4歩進み、ターンをして、またステップをしながら4歩戻るというものもあるようです。

同じ名前でも、インストラクターによってステップの踏み方が違うことはたまにあることです。いつもと違うインストラクターのクラスに参加する時は、その点に注意して、インストラクターの動きをよく見るようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ