マンボステップのやり方と重心の移動について

マンボステップはローインパクト系のステップで、エアロビクスのコリオグラフィーには必ず登場する基本的なものです。やり方は、1カウント目で前に1歩踏み出して重心を移し、逆の足の膝を曲げます。

2カウント目で膝を曲げた足元に戻し、重心も移して、3カウント目でその足を軸足にしてリード足を後ろに大きく踏み出し、一瞬、重心をその後ろ足にかけ、軸足を少し浮かせます。そして4カウント目でその足を踏み直します。そして後ろに伸びている足を再び前に持っていき、同じようにステップを繰り返していきます。

マンボステップのポイントは、重心をしっかりと移動させることなので、足全体をきちんと床につけて、体を支えてください。前足に重心をかける時は、軽く膝を曲げるとバランスが取りやすくなります。また、後ろに足を踏み出す時は、体を少し前に倒すと次のステップが踏みやすくなります。

後ろ足に重心がかかるのは一瞬ですが、踏み出した足はかかとまできちんと着地するようにしてください。手の振りは自然に振っていれば良いですが、できれば意識的に大きく動かすようにしましょう。マンボステップは、重心を動かしながら前後に体を動かしていきますので、きちんと体を動かせば、かなりの運動量になります。

足に体重を乗せることで太腿の筋肉を鍛えることができますし、後ろに足を踏み出した時にかかとを着地させることで、ふくらはぎの筋肉を伸ばすことができます。軸足を踏み直す時も太腿をできるだけ上げるようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ