前4つとクラップを覚えて代表的なステップを実践

前4つはあまり難しくはありませんが、エアロビクスの代表的なステップで、とてもリズムに乗りやすく、楽しめるものです。大いにリズムに乗って、楽しんでステップしてください。やり方は、前に4歩進んでツゥタッチして、手はクラップします。そして、後ろに4歩進んでまたツゥタッチしてクラップ。ツゥタッチは逆の足のつま先辺りで行うようにします。

前4つのステップはこれの繰り返しです。ツゥタッチは、右足リードの場合、前進した時は左足で、後進した時は右足で行うことになります。そのツゥタッチした足からまた踏み出すことになりますので、足の運び方を間違えないようにしてください。

足の進め方は、マーチのように膝を上げず、リズムに合わせて足を進めるだけで大丈夫ですが、クラップする時のツゥタッチは、あくまでも軽く、リズミカルに行ってください。
このステップのポイントは、リズムに乗って足をすすめることと、足の動きに合わせて手の振りもリズムに乗せることです。

手の振りは、リードインストラクターによって異なりますが、マーチのように前後に大きく振るのが一般的です。最後のクラップはテンションが上がって、ついつい力が入ってしまいがちですが、あまり強く手を打つと、肘を痛める可能性がありますので、十分に注意する必要があります。

また、クラップする時に肘が伸び過ぎていても、肘を痛める原因になります。肘は適度に曲げてクラップするようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ