ポニーのステップでリズミカルにエクササイズ

ポニーはハイインパクト系のステップで、足をリズミカルに動かすところが馬のポニーのようなのでこの名前が付けられています。やり方は、1カウント目で横にジャンプしながら1歩分移動し、2カウント目で逆の足をリード足の後に着地させ、それと同時にリード足を踏み直します。

つまり、タン・タ・タというリズムです。次に逆の足で逆の方向にジャンプして、同じようにステップしていきます。ポニーは、なるべくリズミカルに足を動かすことがポイントになりますので、ジャンプは高く飛ばずに低く飛んで、重心を上に引き上げるように意識しながら行うと良いです。

足をリズムに合わせることが大切なので、始めのうちは鏡の前でタン・タ・タと声に出しながら足を動かして練習するとリズムを捉えやすくなります。あと、ステップを踏む時に、どうしても上体が前屈みになってしまうので、顔は俯かずにきちんと上げて、顎を引き、胸を大きく張るように心がけてください。

背筋と腹筋に意識的に力を入れると、上体をまっすぐ維持しやすくなります。
これはあまり運動量がないステップと思われるかもしれませんが、低いとはいえ、ジャンプするので運動量は少なくないです。

続けているとかなり疲労します。高くジャンプしたり、ステップする時に膝を高く上げたりすると、さらに運動量を増やすことができます。ただし、高く飛び過ぎるとリズムが狂ってきてしまいますので、リズムに合う範囲内で行うようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ