ボールチェンジをアレンジしたステップでストレッチ

ボールチェンジは、エアロビクスのステップで前足と後足を入れ替える動作のことをいいます。入れ替える時に後足から着地して、前足を着地させるのが特徴で、キックボールチェンジなどのステップに使われています。

キックボールチェンジは、ローインパクト系のステップで、マーチのアレンジなどに多く使われ、キックの動作が加わります。やり方は1カウント目で軽めにキックし、その足を素早く引いて、1歩後ろに着地させ、重心もこの足に移します。

それと同時に軸足となっている足を床から浮かしてすぐに元に戻します。手の振りはマーチのように自然に動かしてください。前にキックした時に軸足がブレたり、上体が前屈みになったりしますので、上体はまっすぐになるように気をつけてください。

ここまで2カウントで行いますが、リズムはマンボに似ていて、キックした足を後ろに引いて着地させて0.5カウント、軸足を浮かせて0.5カウントという計算になります。タン・タ・タというリズムです。リズミカルで速さを要求されるステップなので、実際に行う時はタ・タ・タという感じになります。

このステップは、ローインパクト系のステップですが、ジャンプをするので運動量は豊富です。重心を後足に移す時にふくらはぎをストレッチすることができますし、軸足を浮かせるのに太腿の筋肉も鍛えることができます。丁寧に行うことでさらに運動量を高めることができるので、しっかり足を動かすようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ