フロントキックを正しく行う方法と注意すること

フロントキックは、エアロビクスのハイインパクト系のステップで、ジャンプしながら前方にキックする動作をします。ジャンプしながら片方の足の膝を曲げ、次にジャンプしながらその足を前方に足を蹴り出します。それからその足を元に戻すと同時に、今度は反対の足の膝を曲げ、同じように動作を繰り返します。

このステップはキックという名称がつけられていますが、膝を曲げた足を伸ばすという感覚で行ってください。決して格闘技のように激しく蹴り出してはいけません。つい強く蹴り出してしまう人がいますが、そうすると体のバランスが崩れて転倒を招くことがありますので大変危険です。足をできるだけ遠くに伸ばすことを意識して、つま先はまっすぐにします。

また、足を前方に蹴り出すので、背中が曲がったり、斜めに傾いてしまいがちになりますが、上体は必ずまっすぐに維持するようにしてください。目線を下に向けると、どうしてもこのような姿勢になってしまうので、目線は高めに少し遠くに置いた方がよいでしょう。

ジャンプをしながら行うので、とても運動量が多くなります。膝をまっすぐに伸ばすことで、太ももの強化になりますし、ジャンプをするのにふくらはぎを使いますので、ふくらはぎも鍛えることができます。

できるだけ高くジャンプして、できるだけ膝を伸ばすことでさらに効果が高まります。しかし、このステップは足にかなりの負担がかかります。ジャンプをする時は膝をバネにして、足の負担を和らげることを忘れないでください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ