フリーズの正確性とエアロビクスのコリオとの関係

エアロビクスは、音楽のリズムに合わせながら体を動かしていきます。エクササイズは絶えず手足を動かしていきますが、音楽のリズムの変化やステップとステップの間のカウントが余った時などに、空白のカウントが生まれます。その時に異なるステップでその空白を埋めずに、そのままの姿勢を維持することがあります。

それをエアロビクスではフリーズといいます。
参加者によってはフリーズを振り付けの1つだと思っているかもしれません。ステップとステップの間に突然現れるフリーズで動かないようにするには、そのコリオグラフィーをきちんと把握しておく必要があるため、参加者がきちんとコリオグラフィーを覚えているかどうかの判断基準にもなっているようです。

エアロビクスは、通常は32カウントずつのブロックで構成されていて、その32カウントは8カウントごとに組み立てられています。

ステップは8カウントになるようにつなぎ合わされますが、どうしてもカウントが余ってしまうことがあります。無理に他の動きを入れても参加者に混乱を招くような場合、次の動きに移るのに他の動きを入れたくない場合など、インストラクターの判断により、その余ったカウントをそのままにしておくことがあるのです。

エアロビクスのコリオグラフィーの構成は、インストラクターが独自に考案して、使うステップも異なります。カウントの空白の使い方もインストラクターによってさまざまで、必ずしも発生するわけではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ