フライのステップの説明と注意しなければならない点

フライは、エアロビクスのハイインパクト系のステップです。ジャンプをしながら手足を大きく動かしていくので、バランスが取りづらく、難易度の高いステップとなっています。片足でジャンプしながら、もう片方の足を横に上げて、それから軸足の前にクロスさせ、また横に持ってきます。

この時も足は上げたままで、空中を移動させるような感じをイメージしましょう。横に持ってきた足を元に戻した後、今度はその足でジャンプして、もう片方の足を同じように横、クロス、横とステップさせます。両腕は、足を横に移動させる時に広げて上げ、足をクロスさせる時は、クロスさせる側の逆の手を振り下ろします。

フライは、このように常にジャンプしながら手足も動かしていきますが、手足はしっかり伸ばすこと、上体はまっすぐに保つことが大切です。

手足を動かすことに集中し過ぎると、肘や膝が曲がったり、体が斜めになったり、背中が前かがみになってしまいがちですが、そうならないように腹筋と背筋にしっかり力を入れて、上体をまっすぐに維持するようにしましょう。手足も意識的に伸ばすようにしてください。

そうすることによって、さらに運動量を増やすことができ、筋肉を鍛えることができます。このステップに慣れるまでは、鏡の前で姿勢を確認しながら練習すると効果的です。

しかし、フライは運動量が非常に多く、体力を消耗するため、エアロビクス初心者にとっては、かなりきついステップになるでしょう。息もかなり上がってきますので、無理だと思ったら適宜休むようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ