ピポットターンの上手なやり方とこれが使われているステップ

ピポットターンは、軸足を変えずにその場を回る動作のことで、4カウントで1周します。やり方はまず、1歩前に踏み出して軸足を使って体の向きを後ろに変え、逆の足を踏み出して、また軸足を使って体を正面に向かせます。

つまり、1カウント目で1歩踏み出し、2カウント目で軸足を踏み直して体の向きを後ろに変える、そして3カウント目で1歩踏み出し、4カンウント目で軸足を踏み直して体を正面に向かせる、という動きになります。

このステップは、単独で使われるのではなく、他のステップと組み合わせることがほとんどですが、マンボターンもその1つです。この時は、マンボステップで4カウント、回って4カウントという流れになります。

このステップで体を回転させる時は、顔の向きは動作に合わせていれば大丈夫です。普通のターンのように回すといった感じではないので、自然に行ってください。軸足はなるべくその場を動かさないようにするのがポイントです。

また、くるくる回るというよりも1歩1歩を確実に踏み出すという運動ですので、カウントを数えながら確実に足を運んでください。軸足の踏み直しをカウントし忘れて、カウントが合わないことがよくあるようですが、何度も練習を重ねれば自然に行えるようになります。

マンボと組み合わせたこのステップは、エアロビクスのコリオグラフィーによく使われます。日頃から慣れ親しみ、マスターしておくことで、インストラクターから急に言われてもきちんと4カウントで回れるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ