ビハインドマンボのやり方とリズムについて

ビハインドマンボは、ローインパクト系のステップで、マンボステップのバージョンアップ版です。まずはは1カウント目で前に1歩踏み出して、体の向きを変えながら、逆の足をその足の後ろにクロスさせます。そして前足を踏み直して、クロスさせた足を元に戻し、体の向きを最初の位置に直して正面を向きます。

次に逆の足を前に1歩踏み出し、同じようにステップします。マンボのリズムは独特で、「ターンタタン」というテンポになりますので、前足を踏み直す時は0.1拍分のカウントになります。パドブレのステップのように踏み直しが1拍にカウントされませんので、気をつけてください。

つまり、前足の後をクロスさせてから0.5カウントで前足を踏み直すということです。リズムをよく頭に入れて、カウントしながら練習するとコツがつかめるようになるでしょう。また、このステップは足をクロスさせた時に体の向きを変えていきますが、正面から見ると、こちらに向かって足を突き出しているような感じになります。

この時、体は横を向きますが、顔だけは正面のままで横を向かないようにしてください。このステップは、エアロビクスのコリオグラフィーによく使われるので、きちんとマスターした方が良いでしょう。

さらに、このステップは足を後ろにクロスさせた時に、足の筋肉を伸ばすことができるというストレッチ効果があります。クロスさせた後足を床につけるとき、かかとをしっかり接地すると、アキレス腱まで十分伸ばせます。意識しながら伸ばしていくことで、さらに効果をアップさせることできるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ