バックランジは体の重心をかけるバランスが重要

バックランジは、エアロビクスのローインパクト系のステップの1つです。両足を揃えた状態から、足を片足ずつ後ろに下げます。重心は前の足にしっかりかけ、上体も前に少し傾けるようにします。後ろに引き下げた足は、つま先を床に着けて、すぐ元に戻し、今度は逆の足を後ろに引き下げます。

重心がかかる軸足は膝を曲げて、上体を支えるとともに、逆の足が後ろに伸びやすいようにします。手の振りは、前に重心をかける時に、前方に大きく振るようにしてください。そうすると体のバランスも取りやすくなります。足を引き下げる方向は、体の真後ろだったり、斜め後ろだったりと、インストラクターによって異なります。

インストラクターの動きを良く見て確認ましょう。
このようにバックランジは足を後方に交互に引き下げていきますが、足を横に伸ばすステップもあり、それをサイドランジと呼びます。ステップの要領は同じで、足を後ろではなく横に伸ばすだけです。

サイドの場合は重心がかかる軸足は、少し外側を向けて膝を曲げた方が見た目も良いですし、バランスも取りやすいでしょう。
これらのステップを行う時に注意してほしい点は、後ろや横に出した足に決して重心をかけないということです。

慣れない人はバランスを崩して、伸ばした足に重心をかけてしまいがちになります。しかし、そうなるとリズムが狂ってしまうので、伸ばした足はツータッチをする程度で、すぐに元に戻すようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ