バックキックのステップの仕方とバランスの取り方

バックキックは、エアロビクスのハイインパクト系のステップで、ジャンプしながら足を後ろに蹴り出す動作をします。やり方は、ジャンプしながら片方の足はニーアップ、次に軸足でジャンプしながら、アップした足をそのまま背面に突き出すように伸ばします。

そして、その足を元に戻すと同時に、逆の足をニーアップし、それをまた後方に蹴り出します。つまり、軸になる足は2度ジャンプすることになります。
バックキックは、このようにジャンプしながら足を後ろに蹴り出すため、体のバランスを取るのがとても難しいのですが、上体を少し前に倒すと容易になります。

足は後ろに出しますが、床と平行ではなく、斜め下に出すような感じです。また、蹴り出すというよりも、ニーアップした足を背中側に伸ばすという感覚で、あまり強く蹴り出さないようにしてください。あまりに強く蹴ると、見た目も悪いですし、バランスが大きく崩れてしまい、転倒する恐れがあるので危険です。

手の振りはバランスを取るために肘を伸ばしたり、曲げたりすると良いでしょう。
このバックステップは、前述のようにバランスが取り難いので、エアロビクス初心者にとってはかなり難易度の高いステップになります。

上手にステップできるようになるには、かなりの練習が必要でしょう。まずは片足でジャンプをしてもグラつかないように、足に筋肉をつけること、そして上体がブレないように、腹筋や背筋を強化することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ