バウンスを上手に行う方法と足首の柔軟性を強化する方法

バウンスとは、エアロビクスのコリオグラフィーで、ステップとステップを繋ぐためによく使われる動作です。その方法は、両足を揃えたままで、つま先を床につけ、かかとだけを上下に弾ませます。弾む時は膝を使い、腕は前後に大きく振ります。

また、足を広げてつま先を床につけたまま、かかとを弾ませるステップをオープンバウンスといい、初級クラスのコリオグラフィーで使われることが多いようです。足を広げて行う場合は、つま先を内側に向ける方が容易だと言われます。

バウンスは簡単に見える動作ですが、かかとだけを弾ませることは意外と難しく、つま先も床を離れてしまう人が多いようです。それは足首が固いことが挙げられます。このステップを上手に行うには、足首を柔軟に使うことが大切なのです。

柔らかくするには日頃からのストレッチが有効でしょう。足首を前後に動かしたり回したりを続けていると、自然と柔らかくなります。特に湯船の中で行うと、さらに効果がアップします。

ストレッチを止めるとすぐに固くなりますので、毎日実施するようにしてください。
エアロビクスではサジタルスプリットなどを行うために、体に柔軟性をつけるように求められますが、足首の柔軟性は意外と重要視されません。

しかし、足首が柔らかくなると、エアロビクスの他のステップにも大いに役立ち、ジャンプをして着地する時などにも必要です。また、足首の故障も防ぐことができますので、エアロビクス愛好者は積極的に足首を柔らかくしていった方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ