ツーストンプ足の運び方と重心のかけ方について

ツーストンプは、エアロビクスのローインパクト系のステップで、ストンプの変形バージョンです。独立して使われることはあまりなく、次のステップに繋ぐ場合などに使われます。やり方は、足を1歩前に踏み出し、その時に重心も移し、そして逆の足を引きつけます。

引きつけた足は膝を曲げますが、すぐに伸ばして元に戻し、戻した瞬間、また前に持っていき膝を曲げます。そしてまたすぐに元に戻しますが、今度は前足も元に戻して重心も戻します。重心は、最後に元に戻すまでずっと前足にかけたままで、上体は斜め前に傾けるようにします。

引き寄せた足を元に戻す時に前足も床から少し上げて、マーチのようなステップをします。ですから、前足を着いて、後ろ足を着いて、前足を着いて、後ろ足を着くという順番に4回足を着くことになります。手はマーチと同じで構いませんが、インストラクターによっては他の振りを付けることもあります。

ポイントは重心のかけ方です。ステップをしている間は前足にかけますが、後ろ足を床に着く時は、少し後ろに持ってくるといった感じで調節しなければ、体がブレてしまいます。前足に重心を全てかけるのではなく、前方にかけると言った方が適切かもしれません。

ストンプは、マンボステップに似ていますが、マンボステップは3拍子でリズムが異なりますし、重心のかけ方が違います。混同しないように気をつけてましょう。このステップは簡単な動きですが、リズムには乗りやすいです。音楽を体で感じながら足を動かしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ