ツーエイトの意味とエアロビクスの曲の選び方

ツーエイトとは、エアロビクスで使われている音楽のカウントする方法の1つです。エアロビクスで使われる音楽は32カウントごとに構成されていますが、それはさらに8カウントごとに区切られています。つまり8カウントが4つ集まって32カウントが構成されているわけです。その4つをワンエイト、ツーエイトという風にカウントします。

エアロビクスのコリオグラフィーは、このカウントに合わせて構成されていきます。エアロビクスに使われる曲は自由で、曲はインストラクターが決めても良いことになっていますが、ただし、エアロビクスのエクササイズには一定のBPMを保つことが必要なので、その速さをクリアしている曲でなければなりません。

BPMとは1分間の拍数のことで、初級クラスだとハイテンポの時で135くらい、中級クラスだと145くらい、上級クラスはそれ以上といった速さが目安になっています。
さらに、エアロビクスのコリオグラフィーにはローテンポとハイテンポを織り交ぜていかなければなりませんので、ローテンポの時の速さも考慮して曲を選んでいく必要があります。

ローテンポの時のBMPは120~130ほどが目安になります。最近は、エアロビクス用に作られているCDも多く販売されていますし、インターネットでも配信されています。そのようなものを利用すると、最初からBPMも調整されていますので、コリオグラフィーも組みやすくなります。インターネットで視聴できるので、聞いてみると良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ