ダブルキックの足の使い方と注意しなければならないこと

ダブルキックはエアロビクスのハイインパクト系のステップです。キックステップと同様、片足でジャンプしながら足を蹴り出す動きが激しいステップになります。やり方は、足を片方の足の膝の辺りで曲げて、斜め前に蹴り出します。蹴り出すと同時に軸足でジャンプします。ダブルキックは蹴り出した後、もう一度曲げてジャンプしながら行います。

そして今度は軸足を変えて、逆の足でも同じように蹴り出していきます。
このステップは、片足でジャンプするので、蹴り出した時に体がブレやすくなります。重心を高く維持して、体がなるべくブレないように上体を保つことが大切です。あと、蹴り出し方ですが、蹴るというよりも曲げた脚を伸ばすといった感じです。

強く蹴り出さないようにしてください。バランスが崩れて転倒の原因となりますので、気をつけましょう。また、このステップはジャンプをしていきますが、あまり高くジャンプをする必要はありません。

高くジャンプすると足や膝に負担をかけ、故障の原因になる可能性があります。必要以上に高く飛ばないようにして、蹴り出す足をまっすぐに伸ばすことに集中しましょう。それと、蹴り出す足をかなり高く上げるのもおすすめできません。

足を上げる位置は、脚を曲げた時の膝の位置をキープする感じで大丈夫です。あまり高く上げてしまうと、体のバランスが崩れてしまうばかりではなく、腰や上体に負担をかけるので注意するようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ