対面の意味とその時のインストラクターの動き

対面とは、エアロビクスのエクササイズを行う時に、インストラクターと参加者が向き合って体を動かすことをいいます。この時インストラクターは、参加者が分かりやすいように、同じ方のリード足を使い、動きも全て参加者に合わせるので、実際には逆に動くことになります。つまり、鏡を見ながら体を動かしているような感じになるわけです。

逆の動きをするのは難しいですが、コリオグラフィーの構成をきちんと頭に入れて、ステップもマスターしてあれば、それほど難しいことではありません。
対面は、インストラクターだけではなく、上級者クラスになると参加者同士が向き合ってエクササイズを行うこともあります。

エアロビクスのコリオグラフィーは、左右のリード足が必ず交互になるように構成されていますが、対面になると、このリード足も逆になります。上級者クラスとはいえ、コリオグラフィーがきっちり頭に入っていなければできませんので、混乱してしまう人が多いようです。

しかし、インストラクターを目指している人は、すぐに逆に動けるようにしておいた方が良いです。インストラクターになるには、それぐらいの技能は必要で、ほとんどのステップももちろんマスターしておく必要があります。

またそれだけではなく、ステップ1つ1つの意義なども頭にいれておき、コリオグラフィーの構成を組み立てていかなければなりません。他にもフィットネスや運動機能など専門的な知識も必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ