スリーエイトの意味とエアロビクスでの音楽の使われ方

エアロビクスは音楽に合わせて体を動かしていきますが、それは32カウントごとに構成されています。そして、その32カウントは8カウントを1ブロックとして4ブロックで構成されていて、スリーエイトとはその3つ目のブロックを指します。そして、それぞれのブロック1番目をワン、2番目をツー、4番目がフォーエイトと呼びます。

エアロビクスのコリオグラフィーの構成は、音楽に合わせてステップが組まれていきますが、コリオグラフィーの先頭は必ずブロックの先頭に合わなければならないので、インストラクターは音楽を聞きながら、今が何エイト目なのかを把握して、きちんと合わせていく必要があります。

エアロビクスの音楽は、楽しく体を動かすためだけにあるのではなく、このようにコリオグラフィーの構成を組む上でも重要なのです。

しかし、中級者・上級者のエクササイズになると、複雑な動きを多く取り入れていくため8カウントごとに動きを収めることができなくなって、クロスフレージングになることが多くなってきます。クロスフレージングになると、音楽と動きが全く合わなくなってくるので、音楽でカウントするのは難しくなります。

ですから、クロスフレージングが行われる時は、リードインストラクターに合わせて体を動かすしかありませんが、クロスフレージングが終わると、次の32カウントの先頭にくるように構成されていることがほとんどです。エアロビクスの動きの全てが音楽に合わせているとは限らないということを覚えておいてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ