スプリットの意味と開脚を行う効果について

スプリットとは、開脚技のことです。前後に開脚するサジタルスプリットなどがあります。開脚は、誰でも分かりますが、柔軟性がなければ行うことはできません。体が固い人は、なかなか足を広げることはできませんが、毎日練習をしていると徐々にできるようになります。時間はかかりますが、諦めずに継続しましょう。

開脚を始めとする柔軟技は、エアロビクスのエクササイズで必ず行われていますが、これは筋肉を伸ばして股関節を広げる効果があります。開脚は足の付け根から太腿の裏側の筋肉を伸ばせますが、筋肉を伸ばすと、伸ばした部分の筋肉の血行を良くします。このことで新陳代謝を高められ、筋肉の緊張をほぐして疲れを効果的に取れます。

筋肉が疲れていると、思うように動かないだけではなく、様々なトラブルを招きます。
また、股関節を広げるためリンパの流れも良くなり、血液内の老廃物や余分な水分を体外に排出するので、むくみを改善する効果が期待できます。

そして、股関節を大きく広げることで歪みを矯正でき、足の動きがスムーズになり、歩く姿勢が改善される他、エアロビクスのエクササイズもやりやすくなってきます。そして、股関節の歪みが矯正されることで骨盤の歪みも改善され、腰痛なども無くなります。

開脚を行って股関節を広げると、これだけの効果が期待できるのです。柔軟性を高めれば、さらにその効果を高めることができます。毎日のストレッチは欠かさないようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ