ストンプのステップ法と重心のかけ方、移し方について

ストンプとは、エアロビクスのローインパクト系のステップです。簡単な動作で、1つのステップとして使われることはあまりなく、他のステップの繋ぎとして使われることがほとんどです。やり方は足を一歩前に踏み出し、重心もその足に移して、逆の足を引きよせて膝を曲げます。

そしてすぐにその足を元に戻して、前に踏み出した足も元に戻し、同時に重心も戻します。重心を前に移した時に上体は少し前に傾きますが、足を元に戻す時は真っすぐにします。腕の振り方はマーチと同じように、前後に大きく振ってください。ただし、リードインストラクターによっては違うアームスを振り付ける場合もあります。

ストンプは、マンボの動きにも似ていますが、マンボとはリズムが異なります。重心のかけ方もこのステップの場合は前足に乗せるので、足の着地はつま先から行います。またこのステップを利用したものにツーストンプというものがありますが、これは同じ足を2回踏み出すというものです。

この場合は、踏み出した足は元に戻さずに、重心を前に移したまま膝を上げ、後ろの足はレッグカールのように膝を曲げますが、これも前足の動きに合わせて2回行います。

エアロビクスのステップは、重心のかけ方や移し方が大変重要視されます。そのかけ方がまちがっていると、それだけで全く違うものになってしまいます。ステップを覚える時は、足の動きだけではなく、重心のかけ方や移し方もしっかり覚えるようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ