ジャンピングジャックのやり方と注意すること

ジャンピングジャックは、エアロビクスのハイインパクト系のステップの一つです。ジャンプをしながら足を開脚したり、閉じたりするステップを指します。簡単な動きのステップですが、ジャンプをするので気を付けないと、足に多大な負担をかけます。

ジャンプから着地する時はつま先から柔らかく下りて、それからしっかりかかとを着けて、膝を曲げ、重心をぐっと下に落とすようにして、ジャンプの衝撃があまり足にかからないようにすることが大切です。

しかし、あまり重心を落とし過ぎると、今度は膝に大きな負担がかかって、膝を痛めてしまう可能性がありますので、ほどほどに重心は落とすようにしてください。膝を既に痛めている人は、無理をして高くジャンプする必要はありません。高く飛び過ぎると、それだけ膝に負担をかけるので、調整してジャンプするようにしましょう。

また、開脚した時に足を広げ過ぎるのも膝に負担をかけます。開脚する広さは肩幅ぐらいを目安にしてください。

あと、膝が痛む場合は、ジャンプをしないで足を開いたり閉じたりしていれば良いです。サポーターで固定しておくと痛みが軽減されるので、痛みが激しくならないように、エクササイズの前に着用してください。

また、エアロビクスの時に履く靴によっても足や膝の負担を和らげることができます。特に年配の方はクッション性が高く、軽い靴を選ぶようにするのがお勧めです。重い靴は動き難いばかりか、足全体、膝、足首の負担になりかねませんので注意するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ