ジャックのステップをする方法と足の使い方

ジャックとはエアロビクスのハイインパクト系のステップの1つで、ジャンピングジャックと呼ばれることもあります。やり方はジャンプしながら足を閉じたり、開いたりするという簡単なステップです。足を開いて着地する時、閉じて着地する時も膝を曲げて重心を下に落とすようにします。

あと、足を開いて着地する時はつま先から着地するようにして、柔らかく下りて、かかともしっかり床に着けてください。このステップはつま先だけを使いがちですが、つま先だけを使っていると、足に負担をかけるので、膝をバネにするようにして、かかとまでしっかり着地させることが大切です。

手の振りはリードインストラクターによって変わってきますが、手の振りが付くと、上体がブレてしまいやすくなるので、上体がブレないようにしっかり維持させるようにしてください。また、ジャックは、ジャンプするので運動量が多くなります。

持久力がないと、疲れてあまりジャンプできなくなってしまいますが、最初は気にせずに、あまり高くジャンプしないで体力を調整します。持久力はエアロビクスを続けている内についてきますので、それに合わせてジャンプも調整していくと良いでしょう。

エアロビクスはゆっくりしたステップと、このように激しく動くステップがありますが、普通のエクササイズは、ゆっくりしたステップから始まり、段々早くなって動きも激しくなり、そして、またゆっくりしたステップに戻っていくといった流れになっています。

ゆっくりした動きは簡単で覚えやすいですが、ウォーミングアップやクールダウンの役目も担っていますので、リラックスして行ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ