シックスマンボの足の運び方と重心の移し方

シックスマンボは、エアロビクスのローインパクト系のステップです。基本はマンボステップですので、まずはマンボステップを覚えるようにしてください。シックスマンボのやり方は、足を逆の足の斜め前に踏み出し、重心も移して逆の足を引きよせて素早く重心と共に元に戻し、体を正面に向かせます。

そして、今度は逆の足を踏み出して、同じようにステップしていきます。片足ずつ3カウントなので、両足で6カウントですが、残りの2カウントはマーチなどを行います。このステップは、このように横に動くこともあれば、前後に動くこともあります。手の振りは、特に指示がない場合はマーチと同じように前後に振っておけば良いです。

このステップはエアロビクスだけではなく、色々なダンスでも使われていますので、ダンス経験者には馴染みがある場合が多いですが、足を逆の足の方に踏み出す時は、腰も一緒に捻っていきます。そして正面を向く時は素早く元に戻すことを忘れないでください。

重心をしっかり移して腰を入れるようにすることで、腰回りの脂肪を燃焼させることができます。エアロビクスの動きは結構早いですが、動きを丁寧に行っていくようにすると、それだけ多くの脂肪を燃焼することになります。

伸ばすところはきちんと伸ばす、捻るところはきちんと捻る、曲げるところはきちんと曲げる、そしてしっかり重心を移動させる。そのようなことを確実に行うことで脂肪燃焼効果を高めます。それが無ければ、ただのダンスになってしまいますので、エアロビクスをやる意味がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ