エアロビクスの三拍子ことトライアングルニーのやり方

エアロビクスの三拍子とは、トライアングルニーのことを指します。三拍子なので3カウント×3カウントで2カウント余りますが、それはサイドタッチやニーアップに繋いでいく方法を取ることが多いです。トライアングルニーのやり方は、足を横に踏み出しそして膝を高く持ち上げて、逆の足の前をクロスさせて床に着きます。

そして、今度は逆の足を横に踏み出し、同じように膝を高く持ち上げて、片方の足の前をクロスさせます。最初の足の踏み込み、サイドタッチは軽く床にタッチする程度です。そして膝を高く上げる時は重心も移していくので、軸足がぐらつかないように注意する必要があります。

また、上体は絶えず前に向けておくことが大切です。足をクロスさせた時などに腰が横を向いたりしないようにしてください。トライアングルニーには足のステップだけではなく、アームスを付けることが多いです。

アームスが付くと少々混乱する人が多いようですが、とりあえず、ステップをきちんとマスターしておけば、アームスが付け加えられても、スムーズにマスターできます。大切なのは三拍子のリズムです。リズムに合わせてステップを踏むようにしましょう。

エアロビクスの基本は、音楽のリズムに合わせて楽しく体を動かすことです。リズムを取ることが難しい人は、時間が空いている時に音楽を聞いて、体を動かしてみると良いです。音楽に合わせて自然と体が動くようになれば、段々リズムを取れるようになってきている証拠です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ