サイドキックというステップのやり方とポイント

サイドキックは、エアロビクスのハイインパクト系のステップの1つです。やり方は、ジャンプしながら軸足でない方を軸足の横にしっかり曲げ、そして斜め前に蹴り出します。蹴り出すといってもキックするのではなく、曲げている膝を伸ばすといった感覚で行なってください。この時に、つま先を出来るだけ先に伸ばすように意識することが大切です。

また、片足でジャンプすると上体がブレやすくなるので、なるべくブレないように上体は常に前を向けて、まっすぐになることを意識して維持するようにします。ポイントは、曲げた時の膝の位置を変えずに蹴り出すということで、そうすると重心のブレも起こりにくくなります。この時に太腿の筋肉を使うことになるので強化されます。

サイドキックはジャンプしながら行うステップで、両足とも床から離れることもあるので、足に強い衝撃を与えます。ですから、つま先を使うのではなく足底全体で着地するようにしてください。あと、膝を曲げてクッションにして、足の衝撃を和らげるようにしましょう。

しかし、膝にはどうしても大きな負荷がかかるので、膝などを痛めている人にはおすすめできないステップです。

もし、ジャンプして膝が痛む場合は、無理をして続けないようにしましょう。もしくは、ジャンプをせずに足を蹴り出すタイミングだけ合わせていくようにすると良いです。無理をして膝を使い続けると、取り返しのつかないことになる可能性もあるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ