コリオグラフィーの意味とそれの作り方について

コリオグラフィーとは、エアロビクスのエクササイズの振り付けのことをいいます。

コリオグラフィーは、略してコリオと呼ばれていて、エクササイズの振り付けは、指導をする各インストラクターがそれぞれ作っていますが、そのほとんどは基本のステップを繋ぎ合わせて32カウントで1ブロックが構成され、それがいくつか合わさって、1つのエクササイズとなります。

エアロビクスでは、左右の動きが交互になるように構成しなければいけないので、リードチェンジを念頭にブロックを繋ぎ合わせていきます。

このようにして作られた基本的な振り付けを初級用として、ターンなどの動きやリズム変換を行なったり、ブロックをミックスしたりして動きを複雑にし、難易度を高くしたものが中級用や上級用として使われます。エアロビクスの振り付けは、このようにして作られています。

インストラクターによって振り付けが変わるので、振り付けを覚えても無駄だと思われるかもしれませんが、どのインストラクターも使用しているステップは同じものです。違うのは出てくる順番が違うだけなので、きちんと基本のステップができていれば、インストラクターが変わってもすぐに動きに馴れることができます。

何事も基礎がしっかりしていれば応用できるということです。あとはしっかりとエアロビクスに取り組んで、筋力と持久力をつけるようにすれば、たとえインストラクターが変わって、振り付けが変わっても、苦もなく付いていけるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ