ケンケンのステップの説明とエアロビクスをする時の注意点

ケンケンとは、エアロビクスのハイインパクト系のステップで、やり方は、片足ずつケンケンをするという単純な動きなのでとても分かりやすいでしょう。重心を移す時に横に広げて、ケンケンをする時に体の前でクラップします。ジャンプする時はつま先で飛ぶのではなく、かかとをきちんとつけ、膝を曲げてバネにすることがポイントです。

また、ジャンプしていない方の足は、ジャンプしている足に引きつけて折り曲げ、ブラブラさせないようにし、上体がブレないように注意してください。

エアロビクスのハイインパクト系のステップには、このようにジャンプをする動きが多いですが、ジャンプは全身運動になりますので運動量が増え、より多くの脂肪を燃焼させることができます。

エアロビクスのエクササイズにはこのような激しく速い動きとゆっくりとした動きを繋ぎ合わせて構成されていますが、ゆっくりとした動きはクールダウン的な意味がありますので、ゆっくりとした動きの時に息を整えるようにすると良いでしょう。それでも息を整えることができずに苦しい場合は、無理をせずに少し休んでください。

エアロビクスは運動量が多いエクササイズなので、初心者が最初からパーフェクトにインストラクターの動きについていくのが大変なのは無理もありません。エアロビクスを続けていると徐々に持久力がついてくるので、焦らないで、苦しい時は我慢せずに休むようにしましょう。

また、初心者やあまり運動をしていない人がエアロビクスをする時は、急に筋肉を使うと肉離れなどを起こす恐れがありますので、エクササイズが始まる前にストレッチなどをしてウォーミングアップをしておくことをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ