クロスとグレープパインのステップのやり方

クロスとは、足を逆の足の後ろ側にかける動きのことをいい、グレープパインというステップで使われています。クロスと言えばグレープパインのステップを指すことが多いので、覚えておいてください。

グレープパインのやり方は、1カウント目で足を斜め前に1歩出し、2カウント目でその足の後を通して、逆の足を斜め後ろに出し、3カウント目でリード足を横に1歩出し、4カウント目で両足を揃えます。この時に膝を少し曲げて、重心を下に落とすようにしましょう。

腕の振りは1、2カウント目では前後に振り、3カウント目で横に大きく広げて、4カウント目で体の正面でクラップします。つまり、クラップと同時に重心を下に落とすという動作です。

グレープパインを上手く行うポイントとしては、リード足は横に踏み出すのではなく、斜め前に踏み出すことで、リード足の後をかけた逆の足は、リード足の少し先に出るように斜め後ろに出すと自然な足の流れになります。

また、体は斜めに向けたり横に向けたりせず、絶えず正面を向かせることが大切です。馴れないと、足をかけたと時に腰が進行方向を向いてしまいがちになりますが、意識して足だけを動かすようにしてください。

グレープパインに似た動きでクロスマーチというステップがありますが、これは足を真横に出して前に後ろにと交互にかけていくステップで、グレープパインとは基本的な動きが異なりますので、その違いをよく理解しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ