カールアップのやり方とバージョンアップ版

カールアップとは、エアロビクスのエクササイズで床に横になって行うもので、腹筋を鍛えるための動きです。その方法は、床に仰向けに横になって、両膝を合わせて少し曲げたまま上に持ち上げ、次に両膝をグッと上体の方に曲げていきます。その際に肩から頭を持ち上げて膝の方に近づけ、この時に視線はおへその方に向けます。

1カウントで上げて曲げる、次のカウントで伸ばすという風に、カウントしながら行います。さらに、このカールアップをバージョンアップしてひねりを加えると、脇腹の筋肉を鍛えることができます。ウエストを細くしたいと思う人には効果が期待できるエクササイズです。

ひねりを加える場合、手は後頭部に置き、両膝を上体に引き寄せた後に片足ずつ伸ばし、その時に引き寄せている方の膝に上体をひねります。それを左右交互に行なっていきますが、確実にひねりを加えるために、伸ばしている方の腕を、曲げている膝の方に伸ばすようにしても構いません。

エアロビクスのプログラムには、このような筋トレのようなエクササイズが加えられているのが一般的で、ボディウエイトエクササイズと呼ぶこともあります。特に腹筋や背筋を鍛え、引き締める効果が期待できるものですが、かなりキツイ運動です。

最初は足がなかなか上がらなかったり、長く上げたままにできないものですが、続けている内に徐々に筋肉がついてくるので、最初は無理をせずにできる範囲で行うと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ