オープンクローズのステップのやり方とステップの複雑化について

オープンとは、エアロビクスの動作の1つで足を開くことを言います。例えば、マーチは足踏みのような動きをしますが、オープンが加わると足を左右に開いて歩くという動きになります。つまり、がに股で歩くような格好で、このステップと通常のマーチを組み合わせて、オープンクローズと呼ばれているステップになるのです。

やり方は、1、2カウントでそれぞれの足を横に開き、3、4カウントで元に戻します。1、2カウントで足を横に踏み出す時は、かかともきちんと着地することが大切で、そして、膝を曲げて重心を落とすようにすることがポイントです。

Aステップに似ていますが、Aステップのように後ろに足を踏み出すのではなく、真横なので間違えないようにしましょう。

このステップを片足のみで行なったり、トゥタッチを加えたりして複雑化されたものがエクササイズではよく登場しますが、ステップをこのようにして複雑化するのは、エアロビクスのエクササイズの難易度を高める目的や、運動量をアップさせる目的があるのです。

エアロビクスは、有酸素運動を行える脂肪燃焼に有効なスポーツですが、複雑化したステップをふんだんに取り入れたエクササイズにより、効率的に運動量を増やすことができ、さらに、筋肉を有効に鍛えることができます。筋肉が鍛えられると、体を理想的なプロポーションに近づけることが可能です。これがダイエッターたちにエアロビクスが人気がある最大の理由でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ