エアロビクスのアームスや足の動きについていけない場合

アームスとは、エアロビクスを行う時の腕の振りのことを言います。エアロビクスは音楽のリズムに合わせて足でステップを踏み、ダンスをしながら行う運動ですが、ダンスをする時は腕も合わせて振ることが不可欠です。足の動きに合わせて腕を大きく動かすと、それだけ運動量が増え、二の腕の脂肪を燃焼させることができます。

複雑なステップになるとアームスの振りも複雑になるので少々覚え難いですが、音楽に合わせて徐々に馴らしていくようにしてください。
エアロビクスは、インストラクターの動きを真似しながら体を動かしていきますが、初心者やダンスが苦手な人は、インストラクターの動きになかなかついていけないものです。

しかし、気にすることはありません。基本的な動きができていれば細かい振り付けにこだわる必要はなく、音楽に合わせて体を動かして汗をかき、爽快感を得ることがエアロビクスの目的なので、思い切り体を動かせれば良いのです。ダンスの方は徐々に馴れていくようにすれば問題はありません。

エアロビクスは有効な有酸素運動で、脂肪を燃焼させるのに適しています。しかし、継続しなければ意味がありません。大事なのは続けることですから、音楽に合わせられないとか、インストラクターについていけないなどを理由にエアロビクスを断念しないようにしましょう。

どうしてもついていけないと気になる方は、もっと初心者用のコースに変えてもらうと良いでしょう。初心者コースでも運動量は同じなので、脂肪の燃焼は十分に行われますから心配することはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エアロビクス

このページの先頭へ