耳栓は水が入るのを防ぐが無理に使用する必要はない

水泳をするときの基本的なアイテムは水着、ゴーグル、スイムキャップですが、耳栓をしたいという人も稀にいます。泳いでいて水が入ってしまうのを警戒しているようなのですが、一般には水泳によって水が入ることはあまりありません。

「耳栓は水が入るのを防ぐが無理に使用する必要はない」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

マイクロファイバーは泡立ちが良く、吸水性や速乾性にも優れている

マイクロファイバーは埃を吸いやすい、水を吸いやすいなどの特徴を持っている繊維で、雑巾、モップ、タオルなど幅広く活用されています。中でもスイミング用として販売されている製品は吸水率が高いので、濡れた体を拭くなど髪の毛のタオルドライに向いています。

「マイクロファイバーは泡立ちが良く、吸水性や速乾性にも優れている」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ポリエステルは水着の代表的な素材のひとつ

水着の素材のひとつとして使用されているのがポリエステルで、弾力性を持っているので水着が伸縮する性質のためには必要です。また、弾力を回復される力があることから形状を安定させる効果も持っており、強度が強いので、水着の耐久性を保持するために効果のある素材であると言えるでしょう。

「ポリエステルは水着の代表的な素材のひとつ」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ポリウレタンは水着の素材のひとつで伸びる性質がある

水着の素材で重要なポイントは伸縮性です。体にフィットしやすくするためには、伸縮性の良い繊維を選ばなければなりません。水着メーカーはこの点に考慮して、ポリエステル、ポリウレタンという2つの合成繊維を編んで素材を作っています。

「ポリウレタンは水着の素材のひとつで伸びる性質がある」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ボクサー型は男子用の水着で股下の丈があるタイプ

水着のバリエーションは豊富で、女性用だけでなく男性用も用途によっていろいろなタイプがあります。オリンピックなどの国際試合で男子選手が着用している競泳用の水着は、面積の小さいビキニやブーメランタイプが多く見られるでしょう。

「ボクサー型は男子用の水着で股下の丈があるタイプ」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ボックスは男子用の水着で股下が1分程度の長さがある

ボックスというのは男子用の水着の形のことで、股下の長さが1分丈くらいあります。わずかに太ももにかかる程度の長さなので、足の可動範囲があまり広くないこともあり、競泳用の製品はあまり多くはありません。

「ボックスは男子用の水着で股下が1分程度の長さがある」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

プラセームはスイミングには欠かせない吸水性の高いタオル

プラセームとはタオルの種類のことで、薄いスポンジのような生地でできているので、吸水性が高く水泳をする人には必需品と言っても過言ではありません。一方、厚くて大判のスポーツタオルでは肌触りはよいのですが、かさばる他、水分を吸って濡れると重たくなってしまいます。

「プラセームはスイミングには欠かせない吸水性の高いタオル」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

布帛は水着の素材のひとつで織物タイプの生地

水着の素材には複数の種類がありますが、競泳の選手には水の抵抗を最小限にする効果があるものが好まれます。また、FINAの承認を受けるためには何でもよいというものではなく、細かい規定に即した製品であることが必要です。

「布帛は水着の素材のひとつで織物タイプの生地」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ブーメランとはブリーフタイプの男性用水着

水着は男性用と女性用とではデザインが全く異なります。男性の場合には、上半身のないタイプがほとんどで大別するとブリーフ、ショートボクサー、スパッツなどのタイプがあり、スパッツは股下の長さによってロングとショートの2種類です。

「ブーメランとはブリーフタイプの男性用水着」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

フィンは足に装着して練習用としても競技用としても使用する

フィンは日本語では足ひれといい、泳ぐための補助用具として足に付けてトレーニングをするなど、フィンスイミング、スキューバダイビングでも利用されています。

「フィンは足に装着して練習用としても競技用としても使用する」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ