アイソトニックコントラクションとは等張性筋力のこと

アイソトニックコントラクションとは等張性筋力のことで、筋収縮が行われる状態を指します。日常における動作やスポーツの動きを伴っている状態なので、日常生活上では常にアイソトニックコントラクションが連続していると考えてもいいでしょう。

「アイソトニックコントラクションとは等張性筋力のこと」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

オープンウォーターとはスキューバダイビングの初級の資格

酸素ボンベを背負って海中を泳ぐスキューバダイビングを楽しむためには、正規の講習を受けて資格を取得しなければなりません。基礎知識を持たずに専用の器材は使用できませんし、非常に危険です。観光地でダイビングを楽しみたいときにも、基本的には資格がなければ器材を借りることさえできません。

「オープンウォーターとはスキューバダイビングの初級の資格」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

エルボーアップをするとより水をキャッチできる

水泳はスクロールとキックによって推進力を得ることができますが、クロールや平泳ぎでは肘を高く上げて泳ぐことが推奨されています。肘を上げることをエルボーアップまたはハイエルボーと言い、水を腕で水をとらえる時に、手首より肘が高い位置にある状態が最も水をキャッチするのに適しているといわれているのです。

「エルボーアップをするとより水をキャッチできる」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

エッグビーターはシンクロナイズドスイミングのキックの方法

水上で行われる華やかな競技であるシンクロナイズドスイミングは、複数のルーティンの組み合わせによって演技が行われます。エッグビーターキックは日本では立ち泳ぎとも呼ばれるキックの方法で、水上で華やかな演技を行っている間、体のバランスを保ったり浮力を維持したりするための方法です。

「エッグビーターはシンクロナイズドスイミングのキックの方法」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

アクロバティックムーブはシンクロのテクニカルルーティンのひとつ

水泳競技の種目の中で水上のフィギュアと称されるのがシンクロナイズドスイミングで、アクロバティックムーブはその競技で用いられる技術のひとつです。

「アクロバティックムーブはシンクロのテクニカルルーティンのひとつ」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

アウトスローバックハードはイージーハードと同じ

アウトスローバックハードは、水泳のトレーニング方法のひとつでイージーハードということもあります。

「アウトスローバックハードはイージーハードと同じ」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ローテーターカフは酷使すると炎症を起こしやすい

ローテーターカフとは日本語では回旋筋腱板と表記をしますが、1種類の筋肉を指す言葉ではなく複数の筋をまとめた名称で、肩甲骨の付近にある肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の4つ腱のことを言います。主な働きとして、肩関節を保護するなど、スムーズな動きをするためのサポートがあります。

「ローテーターカフは酷使すると炎症を起こしやすい」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

モクヘリンはラスト100mを合図するための鐘

モクヘリンは合図をするための鐘で、競泳では長距離レースの最後の100mを選手に知らせるために鳴らされます。一般にはカタカナで表記されますが、漢字で書くと木柄鈴とあらわすように、柄の部分は木製で鐘の部分は真鍮でできています。激しく振ると非常に大きな音がするため、試合に出場している選手にも聞こえやすいです。

「モクヘリンはラスト100mを合図するための鐘」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

プルブイは下半身の浮力を補うために足に挟んで使う

水泳が苦手な人に多い理由は、水に浮かないということでしょう。多くのスイミングスクールでは、苦手な原因を克服して泳げるようになるために、補助器具を利用して水に慣れることから始めます。プルブイは下半身の浮力を補助する器具のひとつで、板、ひょうたん、円柱など複数の形状があります。

「プルブイは下半身の浮力を補うために足に挟んで使う」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

ペースクロックはプールで使用する分針と秒針のみの時計

ペースクロックはプールにある設備のひとつで、タイムを測りながらトレーニングをするなど、練習後の心拍数を確認するために利用される分針と秒針のみの時計です。

「ペースクロックはプールで使用する分針と秒針のみの時計」の続きを読む

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ