垢のため過ぎは不潔である一方、とり過ぎも肌にはよくありません

垢は、動物の表皮の表面にある古い角質が、新しい角質に押し上げられることによりはがれ落ちたものです。本来はごく細かい破片になるのですが、人間やその他のほ乳類の場合は皮膚表面の分泌物と混ざり合い、その湿気から普段日常生活で見る柔らかい状態で浮き出てきます。

「垢のため過ぎは不潔である一方、とり過ぎも肌にはよくありません」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

尿酸は痛風の原因物質である反面、重要な役割も果たしています

尿酸は痛風の原因物質として有名です。人間においてはプリン体を含んだ物質を代謝したときにできる最終産生物で、プリン体のとり過ぎが体に有害であるといわれる理由は、それによってこの物質が体内に増えすぎるからです。

「尿酸は痛風の原因物質である反面、重要な役割も果たしています」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

窒素化合物は全ての生物にとってなくてはならない物質です

窒素化合物は窒素原子が含まれる化合物のことです。非常に多くの種類があり、アンモニアなどの無機化合物、そしてアミノ酸などの有機化合物があります。アミノ酸だけではなく、DNAやRNAにも含まれ、生物の重要な構成要素です。それゆえ、元素としての窒素は全ての生物にとって不可欠です。

「窒素化合物は全ての生物にとってなくてはならない物質です」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

二酸化炭素は多彩な用途に使われ、植物には不可欠な物質です

二酸化炭素は大気中に約0.04%存在し、ごくありふれた、人類にとってもなじみある物質です。炭酸飲料に含まれる炭酸ガス、消火器、ドライアイス、工業用や医療用のレーザー、植物の成長促進のための肥料、コーヒー豆からカフェインを除去する工程など、たくさんの用途に利用されています。

「二酸化炭素は多彩な用途に使われ、植物には不可欠な物質です」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

代謝産物は生物にとって必須なものと、そうでないものがあります

代謝産物とは、生物の細胞内の化学反応で合成された物質のことをいいます。直接的に個体の生命維持に関わっているかどうかで大きく2種類に分かれています。

「代謝産物は生物にとって必須なものと、そうでないものがあります」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

物質代謝は全ての生物の活動を支える重要な化学反応です

物質代謝とは、人間をはじめとする生物の体内で行われる、物質の化学合成やエネルギーを取り出すための化学反応のことを言います。その反応には、異化と同化の2種類があります。どちらも生物にとっては生命維持の根幹をなす重要な反応です。

「物質代謝は全ての生物の活動を支える重要な化学反応です」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

ベリリウムへの曝露は、日常生活においてはほとんど可能性はありません

ベリリウムは金属の一種で、非常に軽く、しかも丈夫なので、宇宙開発や軍事用途などの先端技術には多く用いられています。ただその毒性も非常に高く、肺に蓄積されて急性の、あるいは数週間~20年後に慢性の肺疾患を引き起こします。他にも接触するだけで皮膚に炎症を起こしたりするなど、近年で問題となっています。

「ベリリウムへの曝露は、日常生活においてはほとんど可能性はありません」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

砒素は人体の微量必須元素ですが、強い毒性も持っています

砒素はほとんどの生物に対して強い毒性を持つ物質です。人類の歴史でも、暗殺や毒殺刑の手段として利用されてきましたし、近年の重大事件においても使用されています。それほど強い毒性にも関わらず、人体にとっての微量必須元素でもあり、無毒な化合物の形で存在しています。

「砒素は人体の微量必須元素ですが、強い毒性も持っています」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

鉛を使った製品は身の回りからほとんどなくなったものの、毒性には注意が必要

鉛は人間の歴史と密接に関わってきた金属で、昔からさまざまな用途に使われてきました。古代においては食器や料理器具、おしろいなどに、現代では放射線から身を守るための保護材や合金、はんだ、銃弾、ガソリンへの混ぜ物として使われています。

「鉛を使った製品は身の回りからほとんどなくなったものの、毒性には注意が必要」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

アルミニウムを含む添加物を使った食品のとり過ぎには注意

アルミニウムは私たちの生活にとてもなじみ深い物質のひとつです。たとえばアルミホイル、1円玉、ジュラルミンのケース、鍋などさまざまな道具類にも使われています。

「アルミニウムを含む添加物を使った食品のとり過ぎには注意」の続きを読む

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ